費用節約法※引越し一括見積りシュミレーション

引越しを1番安くするためのコツってるの?!

「引越し料金比較サイト」を利用する!

1社だけに電話などすると、相場がわからないため、高く設定されることも

面倒でも複数の業者に見積もってもらうことが大切。
見積りサイトならとってもかんたんに出来ます♪

引越し料金比較サイトを利用すると、
サービスの比較もわかりやすい+料金もリーズナブルになります。
同条件でも料金が変わるのがネット見積りのメリット!!

 

引越し侍はとてもオススメ♪

全国190社以上から、希望に合った業者を選んでくれる!

>>今スグ無料で見積りスタート♪

 

不要な物の処分をする!

まず始めにすることは、不要な物の処分です。

段ボールの数を減らすようにしましょう!!
私は家族引越しの時⇒荷造り・荷ほどきも業者に依頼しましたが、
一人暮らしの時⇒節約のため家具梱包だけ依頼しました。
何事も「自分でする」方が安くすみます

 

引越し日時を変更する


曜日を変えて料金が下がることが多いのをご存知ですか?
土日よりも平日の方が安く設定されていることが多いのです。
午後便・フリー便になると、何時に来るかわからず、
家族には向かないと言われています。

 

引越し一括見積りシュミレーションが便利!


賢く引越し費用を節約したいと思っている方は業者選びがとても重要
自分の引越し状況(荷物の量・引越しの距離・作業人数)によって、業者の値段は変わります
エアコンの着脱などのサービスも料金に加算されていくのです。

ネット見積りは同じ条件で複数の業者から見積もるので、
★引越し料金の相場は安くなる。
★複数の業者の見積りが楽に出せる。
★予想外だった格安の業者が見つかったりする。

効率的に引越しするなら比較・検討がしやすいネットで!
利用は無料なので、試してみましょう♪

ど~んとお得に一括見積もり


>>今スグ無料で引越し見積りする!!

 

引越しの手続き関係について。
役所に行き、住民票の引っ越し(転居前の役所と後の役所、同じ市町村なら一回で済みます)。
印鑑登録なども合わせて済ましましょう。
電気とガスと水道(下水)の手続き。電気・ガス・水道(下水)は、引っ越し前と後の両方の会社に連絡します。
電話は、携帯なら特に影響はありません。
そして、自動車の免許証の住所変更(最寄りの警察暑へ)。車検証(とナンバー)の住所変更も必要(陸運事務所へ)ですが、漏れていても大丈夫です。
忘れがちなのは、郵便の転居届です。ネットでも出来ますが、状況確認のため配達員が確認に来ることがあります。
郵便局の窓口に本人が届出れば完了ですが、転居前と後の住所の証明出来る書類を求められます。
以上は最低限度の手続きですが、銀行口座やクレジットカードなどの住所変更は、引っ越し後に確認いたしましょう。

特集S1_top1