引越しの準備、これをしてよかった特集※費用節約法・注意点

一番最近した引越しが2年前。私・子供・私の母の3人家庭の引越しを思い出しながら説明させて頂きます。

まず、不動産の契約をしないと日程も組めませんね。
不動産屋さんで契約をして、いつから入居できるのか確認しましょう。
1か月以上先に日程を設定してしまうと、家賃が1か月分多く発生してしまうので、引越しをするのは大体1か月以内になるでしょう。

入居日に合わせて、引越し屋さんの手配もスタート。
私は引越業者の比較サイトで見積りを申し込みましたが、いろいろな業者さんからメールと電話の嵐になってしまい、面倒でした。
金額面と電話の対応の面から良かった2社に絞り込み、最終的にこちらの要求に一番丁寧に応じてくれたところに決めました。
ちなみに梱包用の段ボールは引越の1週間ほど前に届けてくれます。

電気・ガス・水道・電話はすべてネットで引越しが出来ます。
忘れず、早めにしておきましょう。

役所関係は引越後で大丈夫なので、あとでゆっくりして下さい。

粗大ごみがある場合、お住まいの自治体に問い合わせて、引越し前に持って行ってもらえそうなら申し込んでおきます。
指定された日に、ごみ処理券を貼って出しましょう。

あとは引越の日に合わせて荷物を箱詰めしていきましょう。毎日使うようなものは最後に。
それ程重たくなくて、大きなものでなければ、家具の引出しの中身を出さずにしっかりテープを貼っておけばOK。

引越しまではバタバタしますが、なるべく余裕をもって準備を進めてください。
予定リストを作っておくといいですよ。

大人気の引越し裏ワザ!!